プロミスは土日・祝日でも即日融資も可能

↓お申込みはコチラ!↓ プロミス 468*60

金融機関が休みの日の場合のキャッシング対策

土日や祝日というのは、金融機関はお休みで困りますね。
昔はもっと休みが多く、通常の預金の引き出しなどにも気を使ったものです。

 

今では普通の現金引き出しなどは、コンビニや銀行のATMの利用で対処できますが、
キャッシングとなるとそうはいきません。

 

銀行系のクレジットなどは、休みの日は申し込みや審査を受け付けてくれないところ
が多いですね。

 

でもプロミスなら、土日や祝日でも即日融資も可能です。
方法はいろいろありますが、パソコンやスマホを利用したネットの取引なら来店不要
で取引きを終了できます。

 

ただ平日14時までにWEB契約完了が必要になります。そして即日振込みが可能ですが、
土日の場合は指定の銀行口座以外は振込みは対応してくれません。

 

これはプロミスの問題ではなく、通常の銀行がお休みのためです。

 

そこで土日に即日キャッシングを可能にする場合は、自動契約機に行くか一部店舗で休日も
開いている店頭窓口に行く必要があります。

 

そうすれば、すぐにカードが発行されるのでATMから現金の引き出しが可能です。

 

もし振込みにこだわる場合は、ジャパンネット銀行か三井住友銀行のネット口座が必要
です。

 

この2つの銀行のどちらかにオンライン口座があり、プロミスに登録すると、「瞬フリ」という
サービスが利用できて、何と24時間最短10秒で振込可能となります。

 

詳しくはプロミスの公式サイトを確認して下さい。
まだこの2つの金融機関に口座を持っていない人は、早めに開設しておいてもいいかもしれません。

 

別にプロミスを利用しなくても、ネット口座は便利ですし何かと役に立ちます。
そして実際にプロミスの利用することになれば、家から一歩も出ないでお金に借り入れが
できますので、急な出費にも対応できます。

 

プロミスのお借り入れ診断で時間短縮

プロミスには申し込み前に、「お借入れ診断」というものを利用できます。
緊急のキャッシングに限らず、これで事前におおまかに審査に通るかどうかチェックして
おけば効率的です。

 

公式サイトのWEB上で利用できるものですが、簡単な情報を打ち込むだけで事前審査が
可能です。

 

項目は、生年月日と年収、現在の他社合計のお借入額を打ち込むだけです。
出先でしたら、大雑把な数字でもいいのでとりあえず打ち込んでみましょう。

 

基本的に利用可能年齢は、20〜69歳までですし、年収がない人のキャッシングはできません。
そして総量規制などの影響もあるので、まずは診断を受けておいたほうが無駄な申し込みを
しないですみます。

 

これで融資が可能かどうか簡易的に分かるので、もし可能性がある場合は申し込みに進んで
ください。

 

このプロミスの「お借り入れ診断」により、急ぎのキャッシングなどが必要な時に時間の節約に
なりますね。

 

↓お申込みはコチラ!↓
プロミス 468*60